ミイラ取りがミイラになったチェーンソーの救出

まずは倒れている木の状況を全体から良く観察しよう。

接地していない空中に浮いている部分、先端部分から先に処理していくのがスピーディでスムーズな作業のコツだ。

しかし、そうも言っていられないこともある。全て接地している場合もある。切り倒されて地面に接地している枝に安易にチェーンソーの刃を入れると、切断面にはさまれてしまう。

こういう場合には、立ち木伐採の時と同じように枝の上部に三角の受け口を作ってやり、枝の下側から切断していくとはさまれにくい。切断部分が地面に設置している場合は下から切れないので三角部分を大きめに作ってやり、刃の逃げ場を確保しよう。

細いから大丈夫だろうと油断は厳禁だ。過重がかかっている部分は突然、噛み付かれるかのような挙動をするので十分に気をつけよう。

SMクラブ(森林再生と薪集め)でもそういう場面が続出して、何度か救出作業を行った。






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする