ショールームの二本目の煙突工事に着手

かわはら薪ストーブ本舗成田店では現在1本の煙突でAGNI-CCとハンター、ヘラルド8を二台を同時に焚けるような状況になっている。
これらは炉台の上に固定設置されているので、「他の機種を焚きたい」という時に、いちいち煙突を取り外して本体を入れ替えて、また戻すのが、かなり面倒だった。

そこでもう一本別の煙突をつけて、そちらでも二台同時に焚けるように配管すれば一気に合計4台焚けることになり、入れ替えの手間なく、いつでも気軽に、その時の状況や必要性に応じた機種に火を入れられるようになる。

さらに新たな煙突に接続する薪ストーブは固定式の炉台にはしないで、キャスター式の移動可能な炉台にしているので、常設している4台以外の別の機種と一時的に入れ替えて焚いてみるということもサクっとできるようにする。

薪ストーブシーズンが終わったら撤去可能な炉台というニーズもたまにある。そんな時の参考にしてみてはどうだろうか?このようにベース部分にキャスタ...

resize0825_20160905093013ff1.jpg
まずは貫通部分付近の瓦を撤去する
resize0823_20160905093033980.jpg
既に屋根には煙突が立っているが、新たに別の煙突貫通用の穴を開けた
resize0827_20160905093014151.jpg
ここにチムニー&角トップの仕様で煙突を取り付ける
resize0824_20160905093009986.jpg
この景色が、どう変わるかお楽しみに
ブログ村ランキング:オリジナルバナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする