ハンターストーブのガラスガスケット交換

和歌山で、数年前の新築の時に設置した、ハンターストーブのヘラルド14のガラスガスケットが破けてしまったという連絡を受けたので、今回の煙突掃除と同時に処理することにした。
DSC_3956.jpg
左右の縦の部分が破れて千切れてしまっている
DSC_3958.jpg
ネジと金具を外したので、次回のメンテナンス時に備えて、アンチシーズ(かじり防止剤)を塗る

DSC_3959.jpg
ガラスガスケットをはさみこんで、ガラスを金具で固定する
DSC_3962.jpg
一通り作業完了
DSC_3963.jpg
作業後、冷たいお茶とハーゲンダッツをいただいた

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. かわはら より:

    内緒コメントさま:
    その時の状況によって使い分けています。
    シーズン中はガスケットボンド、シーズンオフはガスケットセメントです。