別荘の管理人さんが鍵を開けてくれての煙突掃除

夏に依頼を受けていた案件。「秋冬になって別荘に来た時に安心して薪ストーブを焚きたいから、それまでに煙突掃除しておいて。別荘の管理人さんに鍵を預けておくから、好きな時にいつでも」」ということだった。ようやく時間が取れたので行ってきた。
こういう案件の場合には、依頼内容は煙突掃除だけだから、ガスケットの補修や、触媒交換などパーツ交換や本体のメンテナンスなどの必要があった場合には、オーナーさんが不在なので勝手に作業するわけにはいかないので一度の訪問で完了せずに、再訪問しないとならない可能性もある。今回は、たまたま大きな問題もなく、軽い清掃で済んだので、ラッキーだった。
別荘でオーナーさんの不在時に煙突掃除を管理会社に頼むと、薪ストーブ本体のダメージやメンテなど細かいところまでチェックしないで、機械的に煙突掃除だけして終了になりがちだ。専門店に直接依頼して、来荘のタイミングでオーナーがいる時に煙突掃除をすることをお勧めする。

しっかり養生してから作業に入る
DSC_6019.jpg
触媒カバーを取り外して内部を点検清掃した
DSC_6018.jpg
普通の便利屋さんだと、煙突掃除の依頼だと、ここまではやらないだろう
DSC_6021.jpg
煙突掃除完了

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】

にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク