薪ストーブ入れ替え3台目にして、たどりついた機種はソープストーン製

今回、オランダ製のアルテック社のソープストーンという石の素材でできた「グランデノーブル ベーシス」というモデルを導入したお客様は、これが3台目の薪ストーブだ。過去に異なるサイズ、性質を持つ薪ストーブを焚いてきて、より良いものを求め続けてこられた。

直近の使用機種は、大型の鋼板製の機種を使ってきたので、焚き続けると暑くなりすぎる傾向があった。鋳物の方が温かさが鋼板よりもマイルドだけど、それでも鉄から放射される熱は、それなりに強烈だ。

薪ストーブが大好きで、ずっと焚き続けていたいという場合には、柔らかくマイルドな熱の伝わり方のソープストーン製の薪ストーブがお勧めなのだ。蓄熱性も鋳物よりもはるかに高いので、一度ソープストーンが温まると、少ない薪で温度を維持できて燃費も良い。

もちろん熱が伝わる速さが素材によって異なるので、一長一短あって、鋼板製の薪ストーブは立ち上がりが早いというメリットもあるし、ソープストーン製は立ち上がりは遅いというデメリットもある。鋳物製は鋼板製とソープストーン製の中間の性質でバランスが取れているという言い方もできるし、どっちつかずという言い方もできる。

薪ストーブの素材選びは、使い方のニーズやライフスタイルによって決めるのがポイントだ。

いくらソープストーン製のマイルドな温かさが良いと言っても、別荘に到着したり、家に帰宅して火入れして速攻で温まりたいというニーズの人にはお勧めはできない。

今回のお客様のように、色々な薪ストーブを使ってきた人が最後に行きつき満足できるのはソープストーン製だと思った。お客様は鋳物製も気になったようだけど、私のイチオシなのは、ソープストーン製だったので、そちらを提案した。

現在ソープストーン製の薪ストーブは、アメリカ製とヨーロッパ製を選択可能だ。アメリカとヨーロッパでは排煙基準(規格)が異なるので、それぞれをクリアするための設計思想が違う。日本では排煙基準(規格)がないので、どちらの地域の基準(規格)の機種を選択しても問題ない。ちなみにアメリカ製は触媒で、ヨーロッパ製はクリーンバーンで、それぞれ排煙を綺麗にしようという設計思想だ。

このような背景、理由で、同じ石の素材のソープストーン製の薪ストーブでも、構造(設計思想)が全く違う選択肢が二つある。シンプルな構造で、壊れるリスクの少ないクリーンバーン方式の方が長く安心して使えると思ったので、アルテック製をお勧めした。

アルテックのグランデノーブル ベーシス

設置直後に火入れして、動作確認した。インプレはまた別の記事で明日以降アップする。

「グランデノーブル デポ」という脚ではなく、下部がログボックスになっている機種も選択可能
さらに、オーブン付きの「グランデノーブル コンプリート」というオーブン付きの機種も選択可能

詳細はメーカーサイトを参照して欲しい。

↓ 画像クリック(タップ)で応援お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする