重い薪ストーブは平行移動で搬入

普段、重量級の薪ストーブを搬入する場合には、重量物専門の搬入業者にお願いしているけど、こちらの希望の曜日では対応してもらえない。ルートを組んでいるので、方面によって回る場所が決まっていて、こちらの都合と合わない場合には使えない。

そういうわけで、今回の現場は、お客様にも協力いただいて、自分たちで搬入することにした。トラックの荷台から玄関までステージを渡して平行移動する作戦だ。

平ボディのトラックを活用中

平ボディのトラックなのでフォークリフトで積み込みは一人で楽勝だ。

この後、ステージを渡して平行移動で、玄関へ搬入

事前に別の薪ストーブを同じ方法で搬出していたこともあり、スムーズに進んだ。

無事に炉台に設置

今回搬入した薪ストーブはオランダのアルテック社のグランデノーブル ベーシスというモデルだ。ソープストーン製で蓄熱性が高く、柔らかい暖かさが特徴の薪ストーブだ。ヨーロッパの排煙基準のクリーンバーン方式で作られているため、シンプルな構造で長年に渡って故障のリスクが少ないのも特徴だ。

煙突を接続した状態

火入れしてガンガン焚いている時の状態

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする