何とかTQH33を段差の上に設置

先日、室内足場なしで吹き抜けの煙突工事した現場に薪ストーブ搬入、設置に行ってきた。

搬入時刻より余裕を持って現場に到着すると、薪ストーブ設置場所に、聞いていなかった図面にもなかった段差があった。直前の煙突工事の時にも、この段差はなかったので、普通に遮熱板を敷いて薪ストーブを置くということだと思っていたので、びっくりした。

何と設置予定場所に段差が・・・

もしかしたら、段差の下の薪ストーブを置いて、煙突はエルボで降ることになるのかとも思った。まさかこんなことになっているとは思わなかったので、煙突のオフセット表を現場に持って来ていなかった。薪ストーブを設置する際に、煙突芯を何ミリずらすか判らないと、後で移動するのは大変だので、何としてもオフセットの情報が欲しかった。仲間の薪ストーブ店に電話して、メールでオフセット表を送ってもらった。

二連梯子が届かない天井高で足場を外された現場
先日、「足場を外すから3日以内に煙突工事して」と現場監督から言われた現場の工事に行ってきた。 二連梯子をかけても届かない高さの...

また、先日水平器で確認して煙突を固定したけど、その水平器が今一つ信頼できない感じで、微妙に煙突が傾いているようで、化粧板のど真ん中に煙突が来ていなかった。それを修正してから、最終的な煙突芯の位置を確定させて、下げ振りを垂らして、薪ストーブの設置位置を検討した。

現場監督に確認すると、「ちょっとくらい段差からはみ出してもいいから、上に乗せてくれ」ということだった。工務店の下請け案件だから、言われるがままにするしかない。

煙突芯から下げ振りを垂らして、ダンボボールの型紙で設置できるか確認

なかなか微妙な感じでギリ置けた

本体を乗せて、煙突を接続して設置完了

TQH33が小さく見える

受注していたのは、煙突と薪ストーブ本体だけだったので、炉台、炉壁は建築工事で作る物だと思っていたが、結局段差の炉台だけで、炉壁はなしで、薪ストーブ設置工事当日を迎えた。

回避策として、炉台として遮熱板を敷いて、炉壁には衝立式の遮熱板を置くことを想定していたけど、この状況では無理なので、現場合わせで、特注の炉壁を制作を提案することになった。しかし、こちらもまた足場の時と同様で、「土曜日にお客さんが来るから、それまでに完成させて」ということだった。

この日は月曜日だったので、実質4日間しかない。鉄工所などで特急で作ってもらっても、この日数では無理がある。そこで、先日、棚板の遮熱板を作ってくれた鈑金屋さんにお願いすることにした。

炉台周りの熱対策して完了
今回の現場は、ペレットストーブ用の炉台だったので、炉台の周辺には薪ストーブならではの熱対策が必要になる。炉台だけでは保護できない、カーテン、...

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ヒロ より:

    このコメントは管理者だけが見ることができます

    • かわはら より:

      ヒロさま;

      この現場は色々あって本当に大変ですが、何とか無事に終わることを願っています。まだまだ完了まで予断を許しません。

      雑誌の方は楽しんでいただけると思います。どちらもとても良い記事だと思います。