遮熱板の仕様変更の手配の後はウッドデッキ(テラス)でディナー

昨日紹介した現場に鈑金屋さんが行って、作業を開始した頃に、現場監督から電話がかかってきた。

「こんなショボいのじゃダメだから、もっとしっかりしたものにして」ということだった。「2-3日間ではとても、鉄工所で制作して納品するのは間に合わないので、指定の納期ではできないし、鉄工所に問い合わせないといつになるか回答できない」と返事をした。

そしたら「1週間位なら遅くなってもいいから、何とかして」ということになった。

そうなると、現在作業している鈑金の遮熱板が意味なくなってしまうし、取り付けてしまうと、取り外しの余計な手間がかかってしまう。現場監督に「それならば、進行中の鈑金の作業を中止させて取り付け無しで、帰してください」と自然な流れで返した。すると驚きの返事で「そんなの気の毒すぎて言えないから自分で言って」ということで電話を切られてしまった。

仕方ないので、鈑金屋さんには、こちらから連絡を入れて、鉄工所で代替の遮熱板の制作の手配をかけた。

この日は何度も、そのための仕様や工程の確認などで、電話をかけたり、図面のやりとりをしたりで、落ち着かなかった。夕方位になって、ようやく段取りがついて、ギリギリ来週の土曜日位に納品できる目途がついた。

けっこうバタバタした落ち着かない一日となったが、エゾシカのステーキを差し入れにいただいたので、気持ちを落ち着かせるために、コース料理にした。

前菜はズッキーニ、ハム、チーズ、トマト

背景のファイヤーボールの脚部のエージングも遠目にはいい感じの色に見えるが、まだまだ未化成だ。デッキの上に乗せて、火入れできるのが楽しみだ。こういう時に背景に炎があると良い感じだ。
ファイヤーボールのエージングが進行中(まだまだ)
北軽井沢へ到着して、まず一番最初にチェックしたのが、数週間前に開墾したファイヤーボールの錆びの進行のチェックだ。 ...

ズッキーニを薄切りして、塩茹でしてから、オリーブオイル、塩、胡椒で味付け

オリーブオイルは先日のイベントの時のシチリア産のLEVANTEを使用

GWイベント前半のスタート
朝のうちは店頭にセッティングしてみたけど、午後から雨の予報で、天気予報通りに雨がパラついてきたので、室内に避難した。 二日目の今日は一...

メインディッシュは蝦夷鹿のステーキ

絶妙な焼き加減

赤ワインとの相性抜群

コスパの良いチリワイン。ブドウの品種はピノノワールだ。

梅雨のような雨続きの今週だけど、夏の暑い時期にこのウッドデッキ(テラス)で生ビールを飲むのが楽しみだ。8月のお盆期間中にイベントを予定しているので、来られる方はぜひ遊びに来て欲しい。

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする