薪ストーブでステーキを焼く

創業明治4年という老舗の大井肉店の神戸牛の最高級ステーキ肉をいただいた。



滅多に食べられない最高級の霜降り牛肉だから、気合を入れて薪ストーブで調理して食べることにした。

冷蔵庫で自然解凍して、調理の1時間くらい前に室内に出して室温になじませる。これは冷凍ピザの時と同じだ。

その後で塩コショウしておく。

まずは定番の鉄板焼き



ダッチオーブン(スキレット)の蓋の分厚い鉄板で薪ストーブの天板で温めて肉を焼く。何度も裏返しにしないで、上面に肉汁が浮き出してきたらひっくり返して、その後は裏面をサッと焼くと最適の焼け具合となる。ひっくり返したところでブランデーをかけた。



こんな感じで表面が茶色で、中がうっすらと赤く、良い感じの焼け具合となった。

次は究極の炉内で炭火焼


ピザの時と同じような火加減で熾き火の状態に、五徳と金網をセット。その上で焼く。



上で紹介した鉄板焼きもそれしか知らなければ、それなりに美味しいけれど、炭火焼は強い火力で一気に表面を焼くので、柔らかくて、さらに上をいく究極の味わいだった。

不要な油は網から落ちて焼けるので鉄板焼きよりヘルシーだし、最高の出来栄えとなった。






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする