ウッズマンカートで薪運び

先日斧で割った約1立米の薪を、テラスの奥の薪棚に運んだ。割った場所からの距離、テラスの段差を考えると、採集コンテナでチマチマ運ぶのはかったるい。

基本に忠実な薪割り
まだ寒い時期に回収してきた楢原木だけど、すぐに割りたかったけど、しばらく放置してきた。 もしかしたらイベント等で薪割り講習する...

なるべく効率良く運ぶために、段差をアルミブリッジで渡してウッズマンカートで運んだ。

段差をアルミブリッジで乗り越える

この重量だと一人でも楽勝

テラス奥の薪棚に最短距離で積み込み

積み込んでも、今シーズンすぐに焚けるわけではない。これらの薪を焚くのは2024年の2年後だ。その頃はどんな世の中になっているのだろう?

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする