天板の小さなアスペクト5の調理は可能?

昨日は大型モデルのアルテックのソープストーン製の薪ストーブ「グランデノーブル デポ」の天板での調理を紹介したが、今日は鋼板製のイギリス製の薪ストーブ「アスペクト5」の天板での調理を紹介しよう。

アスペクト5は、比較的小型の薪ストーブで、なおかつ天板から煙突が出ているので、パッと見て何も乗らないんじゃないの?と思う人もいるかもしれない。

天板の小さなアスペクト5でも30センチのフライパンで調理可能

しかし、この写真の通り30センチのフライパンもギリギリ乗る。

ちなみに10インチ(25センチ)のダッチオーブンだったら完全に楽勝で全部鍋底が乗る。煙突の左右に二つの鍋(またはヤカン)を乗せられる。

このことから、アルテックの小型モデル「ノーブル デポ」「ノーブル ベーシス」の天板での調理ができることも、推測できると思う。
↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています

このように、小型モデルのアスペクト5の天板でも十分に調理が可能だ。

もちろん、熾火になった時には、炉内でピザを焼くことも十分に可能のサイズとなっている。

鋼板製ならではの、立ち上がりの速さは暖房的に部屋を早く暖めるだけではなく、調理の際の天板の温度の高さにも効いていいる。

ビールと炎を眺めながら温まるのを待つ

ガスコンロで調理した方が、明らかに早くできるけど、ゆっくり時間をかけて、薪の熱源で調理するところに意味がある。

いい感じでシチューが仕上がった

添加物まみれのルーを使わずに、シンプルに牛乳とバターだけで仕上げたが、とても美味しくできた。

美味しいディナーの完成

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする