ソープストーン製の薪ストーブの立ち上がりは遅くて早い

一般的には、薪ストーブの素材による立ち上がりの早さは鋼板製、鋳物製、ソープストーン製という順番になる。完全に冷えた状態からのゼロスタートだと、この順番になる。

冷え切った状態で、しばらく薪ストーブを使ってなかった別荘に到着したり、家に帰宅したら、とにかく早く暖まりたいという場合は、これらの素材よる立ち上がりの早さから鋼板製を選んでおいた方が無難ということになる。

一晩焚いたグランデノーブルデポの翌朝の状態

しかし、薪ストーブはゼロスタートの立ち上がりの早さだけでは評価できない。蓄熱性の極めて高いソープストーン製の薪ストーブは、温まるまで時間がかかるけど、逆に火が消えてからも蓄熱したソープストンが放熱してくれるので、暖かさが鋼板製や鋳物製とは比較にならないほど圧倒的に長続きする。

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

かわはら薪ストーブ本舗 北軽井沢店では、鋼板製、鋳物製、ソープストーン製の3種類の素材の違いの薪ストーブを体感できる

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています

一日中焚いてしっかり熾火が溜まって、本体が蓄熱した状態で、夜寝る前に最終の薪を投入した時の、朝の焚きつけ前の体感イメージは以下のような感じだ。最後の薪を投入してから何時間後に朝を迎えるかは人それぞれなので、一概には言えないので、以下はざっくりとしたイメージだ。

鋼板製→冷え切って冷たくなっている
鋳物製→ほんのり暖かいけど、体温よりは低い
ソープストーン製→体温以上にしっかりと暖かい

そして、翌朝の焚きつけ時の立ち上がりの早さは、ゼロスタートの時とは完全に逆転する。鋼板製や鋳物製の薪ストーブの表面温度が10℃、20℃の冷え切った状態からスタートするのに対して、ソープストーン製の場合は60℃程度を保持していて、そこからの立ち上がりなので、暖かさを感じるまでの時間が極めて短い。

ちなみに遠赤外線と言われるのは物体の表面温度が90-100℃程度の時に一番出る。つまり、ソープストーン製の薪ストーブは立ち上がり時にも、冷える時にも、長く遠赤外線を放出してくれる。また安定燃焼時(巡行運転時)の表面温度が鋼板製や鋳物製に比較して低いので、部屋の空気を温め過ぎずに、部屋の空気の対流も最低限にして、心地よい暖かさを提供してくれる。 熱源の温度が高過ぎると、部屋の空気が対流して、天井付近と床付近の温度差が大きくなり、不快な暑さになりがちなのだ。ソープストーン製の薪ストーブならではの、穏やかで、柔らかく心地良い暖かさは、実体験してみないと理解できないかもしれない。

話を、ソープストーン製の薪ストーブの立ち上がりの早さに戻そう。以下は、前日に丸一日焚いて、夜寝る前に最後の薪を投入してから8時間後位の翌朝の状況だ。

翌朝の炉内の状況

完全に消えていると思いきや、灰の中にはしっかりと熾火が残っている

表面温度は60℃程度でしっかり熱いレベル

ヤカンの中の水温も45℃までしか冷えてない

熾火を寄せて、灰受け皿を少し開けて空気を送り込むとこんな感じで熾火から炎が立ち上がる

焚きつけの小割りを乗せる

すぐに着火して、勢いよく炎が立ち上がる

短時間で中割りの薪を追加できる状態で、非常にスムーズに立ち上がる

ヤカンのお湯も短時間で沸騰する

ボコボコいうレベルでのしっかりとした沸騰

このように、ソープストーン製の薪ストーブは、蓄熱させた二日目以降に本領を発揮する。別荘の場合には到着した当日というより、到着の翌日にベストコンディションとなる。定住している自宅の場合は、帰宅した直後ではなく、寝る前から翌朝にかけて(特に朝の立ち上がりが早い)本領を発揮するというイメージだ。

別荘使いの場合は連泊するとメリットを実感できると思う。また自宅での定住の場合は毎日焚くので、普通に良さを容易に体感できるだろう。立ち上がりの早さ、燃費の良さ、暖かさの心地良さなど、他の素材の薪ストーブでは得られない特別なものがある。

輸入元のひのき屋でBIG SALEを開催しているので、当店も便乗する

数量限定の早い者勝ちだ。ソープストーン製の薪ストーブを定価の50%オフでゲットするチャンスだ。上記は、煙突工事も行う前提での薪ストーブ本体の利益度外視の値段設定になっている。(薪ストーブ単体だけ欲しいという場合はこの値段では出せない)これから薪ストーブ&煙突工事を考えている人は早めに連絡して欲しい。

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. うさぎ より:

    このコメントは管理者だけが見ることができます

  2. mako より:

     なるほど、かわはらさんの言う事が分かりました。
    私の家で、使われるだろう時間帯にぴったりです。
    最後の煙突工事セット割は、またしても裏目に出てしまった感じで(゚Д゚;)残念です。

    • かわはら より:

      makoさま;

      鋳物製や鋼板製の薪ストーブが一般的で、あまりソープストーン製の情報が多くないですからね。

      この後、メールしますね。