炎がある豊かな暮らしを、あなたに。

薪ストーブ導入最大の難関を解決するサービス

  • HOME »
  • 薪ストーブ導入最大の難関を解決するサービス

薪ストーブ導入最大の難関は薪

暖かく快適な輻射熱、素材の美味しさを存分に引き出す薪ストーブ料理。

この上ない幸せをもたらしてくれる薪ストーブですが、充実した薪ストーブライフを実現するには大きな難関があります。

それは「薪の手配」です。

イメージ 1

薪の「調達」「作成」「保管」をどうするか

課題1:薪の調達

薪ストーブライフを送っていうち、「薪集めが趣味」になったユーザーも少なからずいらっしゃいます。

そういう方は積極的にあちこちに声をかけまくって、自分でバリバリ原木を調達されていることでしょう。

しかしそれができない人が多いのもまた事実です。

課題2:薪の作成

仮に充分な原木が調達出来たとして、次にクリアしなければならないのは「作成」です。

建て込んだ住宅地でエンジンチェーンソーを使用するのはもってのほか、すぐに苦情で薪ストーブ使用停止に追い込まれるでしょう。

斧やクサビでの薪割りも結構音が出ますので、周辺の住宅に充分な配慮をしないと近所迷惑になることもあります。

課題3:薪の保管

困難を乗り越え薪を作成出来たとして、最後にクリアしないといけないのは「保管」の問題です。

薪ストーブユーザーがお住いの地域や使用状況にもよりますが、1シーズン3~6トン程度焚くユーザーが多いでしょうか。

「3~6トン程度焚く」ということは、「3~6トン分の薪を置くスペースが必要」なのと同じ意味です。

理想的な2年乾燥薪を焚くサイクルですとその倍、6~12トン分のスペースが必要です。

それだけの薪をストックしておくスペースを確保されているでしょうか。

当店がご提供する、3つの課題を解決するサービス

これらの3つの障害がネックとなって、薪ストーブを導入したくても躊躇している人もいらっしゃると思います。

障害を排除するシステム

かわはら薪ストーブ本舗ではこれらの3つ障害を全て排除する画期的なシステムを提供いたします。

まず「調達」に関して、近くの造園業者と提携しているので、そこで廃棄された広葉樹を常時大量にストックしている。
薪ストーブユーザーにとっては原木採取場とも呼べるべき場所だ。自分の好きな時に行って、好きなだけ回収できる。

次に「作成」に関して、その場所でのチェーンソーでの玉切り作業はもちろんのこと、薪割り作業も可能だ。作成した薪の状態で、そのまま自宅へ持ち帰ることができる。ご近所へ薪割り作業での騒音で迷惑をかけることがなくなる。

最後に「保管」に関して、置き場所を提供する。そこに薪をストックしておいて、必要に応じていつでも取りに来られるようにした。自宅に置けない分を保管できるようにしておくので、敷地や保管場所がそれほど広くない家でも問題なく薪ストーブを使える。

自分一人で黙々と作業するのも良いし、仲間とタイミングを合わせて情報交換や教えたり教えられたりしてステップアップしながら共同作業するのも良いし、その時々で自分のやりたいような、様々な活動ができる。たまにはイベント形式で薪集めの後に焚き火をしたりBBQでオフ会なんていうのも楽しいだろう。参加人数が増えたら、共同でエンジン式の強力な薪割り機を購入して作業効率を上げるなどの動きも出てくるかもしれない。

なお今後も、スポット的に開催する従来の無料の薪集めツアーも不定期で開催するけど、これは開催日時が限定されるので、スケジュールが合わないと参加できないし、これだけで1シーズン分の十分な量を確保するのは難しいのが実情なので、それと合わせて利用いただければ幸いだ。

イメージ 3

イメージ 4

■料金について

・かわはら薪ストーブ本舗で薪ストーブ設置工事を施工もしくは工事の契約をいただいたお客様=2万円/年
・それ以外=4万円/年

■申し込み、お問い合わせについて

・ご連絡の上で、ご来店下さい

ご来店前には電話・メールでのご予約をお願いいたします。 TEL 090-3594-9210 不定休/営業時間 午前10時から午後8時まで

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © かわはら薪ストーブ本舗 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.