地震の爪跡はこんなところにも・・・

煙突掃除で屋根に上がった際には、ついでに建物本体の点検もしている。普段、お客さんは屋根に上らないから、不具合があっても、なかなか気づくこともない。今回の煙突掃除の際にはチムニー下部の屋根材に特に大きな力が加わったようでパキパキに割れていた。この部分だけでなく屋根全体が同じように大なり小なりのヒビ割れが無数に見られて、かなり致命的な状態だった。とりあえず目についた大きなところは応急処置して雨漏り防止をしておいた。
ヒビの部分から雨水が染み込んでいるのが確認できる
煙突掃除の終了後に、煤の状態から前シーズンの焚き方の評価などをお客さんに伝えた際に、屋根の不具合の情報も伝えておいた。「葺き替えがベスト、とりあえず持たせるなら塗装」という対応方法を伝えておいた。屋根、外壁、基礎のクラックは放置しておくと、水が染み込んでいき、ジワジワと建物にダメージを与えていくので、要注意だ。
コーキングで貼り付けて応急処置

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする