同じ薪でも、くべかた一つで燃焼が違う

薪ストーブを焚いていて、薪をくべる時に、無造作にボコボコとくべてしまうと、なかなか繊細なテクニックを身につけることができない。置き方一つで全然燃焼が違ってくる。空気が薪と薪の間を通って炎が良い感じに立ち上がるような複数の組み合わせで燃やすことが効率良い燃焼に秘訣だ。極端に長い薪、極端に太い薪は寄り添わせて焚くことができなくなるので、使える状況が限られてくる。腕ぐらいのサイズが一番使いやすいと思う。
そしてその薪も下の写真のように、同じ薪ストーブ、同じ薪、同じ炉内の状況でも、次に投入する薪の置き方次第で実は全然燃え方が違ってくる。
こういうふうに二本以上を寄り添わせて焚くと良い
薪の端が炉壁に当たってないところに注目(完全燃焼して煤はつかない)
わざと炉壁の耐火レンガに当ててみた(煤がついて不完全燃焼している)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする