煙突掃除を全く考えていない施工で敵前逃亡?

他社施工の物件で煙突掃除に呼ばれたので行ってきた。新築時に工務店(設計事務所?)が頑張って煙突工事と薪ストーブ設置工事をやったような印象。

普通に煙突掃除できると思って、準備を進めていったが、衝撃の事実が発覚した。

まずは養生

シングル煙突だったので隙間からの煤の漏れの防止のマスキングテープ

炉内のバッフル板を取り外そうとしても動かない

普通なら薪ストーブの炉内の上部にあるバッフル板を持ち上げると、ずらして取り外せるケースが多い。バッフル板を取り外すことができれば、煙突掃除した煤を炉内に落として回収できるが、今回の薪ストーブはバッフル板が溶接で本体と一体化していて、全く動かない。しかも排気経路のスリット部分がとても狭くて、手も刷毛も入らずに煤を回収できない構造だ。

それならば煙突を取り外すしかないけど、下から積み上げ方式で固定されていてスライド煙突は使ってない。屋根の上から煙突を全部バラさないと煙突も取り外せない。煙突掃除やメンテナンスのことを全く考えてない施工だった。煙突掃除の度に、煙突工事を毎回やるなんてあり得ない。

事実上、手が出せない案件だ。これはお金をもらわずに、敵前逃亡するしかない状況だ。銃殺されても仕方ないが、お客様には事情をお伝えして、作業しないで撤収させてもらうことにした。

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. べっち より:

    白旗正解😆 さぞかし、顧客は施工会社を恨んだことでしょう‼️

    こういう施工いまだに有るんだ笑

  2. 薪ようこ より:

    炉壁は調和とれたハースデザインですから極めて勿体ない! 薪ストーブショップのノウハウを全くいれずに薪ストーブを良く知らない建築工務店だけしか介在しないと悲惨だねー。いずれ煙突火災かお蔵入りは誠にお気の毒。中古の薪ストーブを誰かが指し上げるしかないね?笑

    • かわはら より:

      この炉壁を見ると設計事務所が介在していると推測できますよね。

      薪ストーブにはメンテナンス、煙突掃除が必要という概念がないのだと思います。

      薪ストーブ本体を入れ替えるにしても、煙突工事も全部やり直さなくてはならないのです。

  3. 薪ようこ より:

    火事はマズイので古い薪ストーブ国産なら無料(欧米製だと中古は時価)で川原さんにプレゼントします。しかし煙突までは持ってません!