口元までオール二重断熱煙突にして、かわはら式耐震煙突固定法で仕上げ

先日、シングル煙突から二重断熱煙突に入れ替えたドブレ700SLの煙突の手直しに行ってきた。

シングル煙突から二重断熱煙突へ入れ替え
かわはら薪ストーブ本舗では、他社で施工した室内側のシングル煙突を二重断熱煙突へ入れ替えする工事を数多く行っている。どのお客様も焚きつけ直後か...

前回は、オフセットして折れ曲がっていたシングル煙突を撤去して、ストレートな二重断熱煙突にすると、薪ストーブがかなり後ろに下がるので、背面の遮熱板に干渉する可能性があったので、手持ちの在庫煙突をつないでの様子見だった。その場合には、エルボの二重断熱煙突を用意しなければならないが、現場合わせしないうちに仕入れてしまうと、使わない場合に無駄になってしまう。その結果、エルボなしでいけることが判って、なおかつ口元付近の若干のシングル部分の長さも正確に寸法が取れたので、口元付近までオール二重断熱煙突仕様になるように部材を揃えていった。

前回までの様子

工事完了の状態

口元までオール二重断熱煙突にしたことで、最初の状態とは燃え方が全然違うことが、お客様の口から何度も出てくる。焚きつけの炎の勢いが強く焚き付けに失敗しなくなったというような初期の段階から、空気を絞ってオーロラ炎が出まくりと巡行状態に至るまで、あらゆる段階で効果を実感できる。

今まで、シングル煙突から二重断熱煙突に入れ替えたお客様で、効果を実感できなかったという人は一人もいないので、自信を持ってお勧めする薪ストーブのチューンナップだ。薪ストーブの持つ本来の性能を発揮できるようになる極めて有効な方法だ。

一番が薪、二番が煙突、三番目に重要なのが薪ストーブです これから薪ストーブライフをはじめようとしているみなさんは「魅力的な薪ストーブのカタログ」を見て想いを巡らされていることでしょう。 しかし、みなさんの楽しい気分に水を差すようで申し訳ないのですが、 「快適な薪ストーブライフ」 を考えた場合に薪ストーブ本体が貢...

もし、室内側の煙突がシングルで施工されているのであれば、ぜひとも二重断熱煙突への入れ替えを検討してみよう。既存の煙突メーカーが不明でも対応可能なので、気軽に問い合わせて欲しい。

既存住宅や新築住宅への薪ストーブ導入をお考えの方はこちらから各項目に記入しご連絡下さい。 シングル煙突から二重断熱煙突への入替えのご要望もこちらからお願いいたします。 また、当店の施工内容についてご不明な点がございましたらどんな小さなことでもご質問ください。

口元までオール二重断熱煙突にした

煙突ダンパーに関しては、どの薪ストーブにもつければ良いわけではない。薪ストーブ本体の空気調整だけでコントロールできる機種の場合にはつけない方が良いこともある。機種によって違うので、見極めが重要だ。

かわはら式耐震煙突固定法

完了後に火入れ

ガッチリ剛性のある煙突固定ができて、不安感がない。大きな地震の時にはこれをやっているのと、いないのでは、かなり違うと思う。

かわはら薪ストーブ本舗で「メンテナンス性」と並び重視していることが、「耐震性」です。 薪ストーブ使用時に地震が発生する危険性 高温で炎が燃え盛る使用中に大きな地震が発生した場合、薪ストーブと煙突がしっかり固定されていないと大変危険です。 薪ストーブが転倒して起こる火事や、煙突が外れることにより煙が室内に充満し最悪...

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする