RCの建物に薪ストーブを設置する案件

ここのところ、RCの建物に薪ストーブを設置する案件が複数入ってきている。

一番直近の現場は今月半ばくらいに施工するのでまた後日紹介できると思うが、今日の記事では今年の秋くらいに施工する予定の現場の打ち合わせ資料の紹介だ。

先日、お客様にご来店いただいて、打ち合わせした。3階建てのRCの建物の3階をリフォームして薪ストーブを設置したいという内容だった。屋根は陸屋根なので防水工事も同時に必要となる。屋上のスラブをコア抜きして、チムニー作成してチムニーの外壁との取り合い部分を含めて防水処理する方向で提案した。

以前、SRCの建物で鉄骨に煙突を固定する際に分厚い鉄骨に穴を開けるのに苦労したり、RCのチムニーに煙突を固定するのに苦労した経験がある。新築ならば、チムニー部分も一緒にコンクリート打設して作ってしまうのが合理的かもしれないけど、今回はリフォーム案件だ。チムニーを新築同様にRCで作りたくなってしまうが、大がかりになるし、煙突固定も困難なので屋上スラブにアンカーボルトを打って木の土台を固定して、それを元に木工事でチムニーを作成するのが合理的だ。

リフォームに必要な情報(薪ストーブ設置に必要な炉台、炉壁について)、煙突貫通のサイズ、位置、そしてチムニー作成の詳細など打ち合わせた。煙突掃除の際のメンテナンス性と、薪ストーブを良好に燃焼させるドラフトを確保できる煙突高さのバランスを考えて設計した。

その時の打ち合わせの内容をお客様が図面にしてまとめてくれたので、紹介しよう。これだけ判りやすい図面があれば、リフォーム業者との打ち合わせもスムーズだと思う。

RCの建物に薪ストーブを設置する案件

全体像

屋上側

室内側

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています・・・

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク