都内のRCの建物への煙突工事は無事に完了

都内のRCの建物に先日煙突を取り付けてきたが、その時は外壁の塗装工事の前だった。煙突を取り付けた時に同時に外壁の雨仕舞いもしてしまいところだけど、塗装工事が終わらないと段取り的に無理がある。先に化粧板を取り付けてしまうと塗装できない部分が生じてしまうからだ。

壁面貫通して、外壁に煙突を立ち上げる場合の注意点
雨漏れが怖いとか、屋根材を剥がすのが面倒とかの理由だけで、安易に壁面を煙突貫通させて、外壁に煙突を立ち上げるプランにしがちだ。 しかし...

煙突工事の時の記事の時の写真と比べると、建物の外観も完成に近づいているのが判ると思う。

来週には熊本に出張に行くので、帰ってくるまで足場の撤去を待ってもらうわけにもいかない。作業できる時に早めにやってしまう必要があった。何度も訪問することになるけど、工事の全体の段取りを考えたら仕方ない。

そこで煙突付近の塗装工事が終わって、足場が撤去される直前のわずかなタイミングを狙って、煙突貫通部分の防水処理をしてきた。この時はまだ塗装工事は完全に終わっているわけではなく、塗装屋さんが他の部分の最後の仕上げをしている状況だったけど、絡むことはなく問題なく処理できた。足場を撤去されてしまうと、この部分の地上が傾斜地になっていて、なおかつ隣地との境界が狭いので、脚立や梯子をかけての作業が困難な環境なのだ。

外壁塗装が終わって壁面雨仕舞いができるようになった

現場監督と打ち合わせして足場撤去は月末と聞いていたので、その直前に行ってきた。ここのところ、梅雨らしい天候が続いてて、雨も降る時には強く降ることが多く、なかなかスケジュール調整が難しいけれども、貴重な雨の上がった時間帯に現場を訪問することができてラッキーだった。

RCの煙突貫通部分の隙間

コーキングで隙間をふさぐ

壁面に雨仕舞い用の化粧板を取り付けてコーキングして完了

この部分も事前の打ち合わせで木下地を入れてもらっていたから化粧板を取り付けられたけど、そうでなかったら、無理がある。RCの外側の塗装用の下地はビスが効かない構造なのだ。このように壁面に煙突を立ち上げる場合には、木下地の位置の打ち合わせが重要になってくる。

この後は外構工事が進んで玄関、階段などができて、内装の炉台、炉壁部分ができたら、薪ストーブ本体の搬入、設置となるけど、それは建物の引き渡し直前になるだろう。とりあえず、現時点でやれることは全て行ってきた。

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする