薪でもペレットでも燃やせるハイブリッドストーブのアキミックスの取り扱い説明

都内の新築一戸建ての建築中に設置した薪とペレットの兼用のハイブリッドモデルのアキミックスの取り扱い説明に行ってきた。施工時はまだ引き渡し前だったし、暑い時期だったけど、入居後に寒くなってきて、声がかかったので、関西ツアーへ向かう道中になるタイミングで、スケジュールを合わせて行ってきた。

都内のRCの建物への煙突工事は無事に完了
都内のRCの建物に先日煙突を取り付けてきたが、その時は外壁の塗装工事の前だった。煙突を取り付けた時に同時に外壁の雨仕舞いもしてしまいところだ...
都内の新築一戸建て住宅にハイブリッドストーブ「アキミックス」を設置
以前、屋外側の煙突施工を済ませていた都内のRC構造の一戸建ての新築住宅に、昨日、薪でもペレットでも、どちらでも燃やせるハイブリッドストーブ「...
薪でもペレットでも燃やせるハイブリッドストーブのアキミックスの取り扱い説明

都内の新築一戸建てに到着

駐車した車の前の植栽の紅葉が綺麗だった

アキミックスは薪でもペレットでも焚けるので、それぞれの焚き方の丁寧なレクチャーが必要だ。

薪の時と、ペレットの時では空気の入る位置を変える必要がある。薪の時は二次燃焼用の空気の入り口を開き、ペレットの時は閉じて一次燃焼用の空気の入り口のみにしてやる。

まずはペレットの着火方法をレクチャーした。ある程度炎が育つまでは目を離さないことが重要だ。炎が小さいうちに、大量にペレットを供給すると炎がペレットで埋もれて消えてしまうからだ。炎の大きさに応じたペレット供給量を決めるのがコツだ。

続いて薪の燃焼に切り替えた。まずはペレットのスイッチを切ってペレットの供給を止める。そして、燃焼用の空気の開閉の切り替えを行う。そして細い焚きつけを燃やしてから、少しづつ太い薪へとバトンタッチしていく。

ペレットと薪では炎の表情が全然違うので、その違いを楽しむのも良い。

アキミックスに火が入った

施主さんは気軽に炎のある生活を楽しみたいということで、アキミックスを選択したそうだ。薪が入手できるときには薪を焚いて、入手できない時にはペレットを焚くということで、その時の状況次第で、どちらの燃料にでも対応できる機種というのがポイントだったそうだ。

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク