世界でたった1台のオリジナル薪ストーブに火入れ

今回の高槻の現場で設置した機種はアーティストの新田佳郎氏による手作りの世界に一台のオリジナルストーブだった。製作者の方も設置工事終了近くになったら現場に来て、工事完了後に火入れとなった。

ご本人も自宅でネスターマーティンを使っているそうで、その構造を研究しつつ、オリジナルのアイデアを盛り込んで作ったそうだ。

炉内での空気の流れも良く考えられていて、本体の外側に蓄熱用の石を蓄えることもできる構造だった。実際に火を入れて様子を観察していたが、かなり高性能だと思った。

制作者による火入れ

無事に火入れできた

全体像

空気取り入れ口も目視確認できて判りやすい

炉台を置いて完成

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています

かわはら薪ストーブは全国
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク