針葉樹ばかり燃やすと煤は多い

燃やし方が下手なわけではないのは、煤の質を見れば判る。タール状やフレーク状の物が少なくて、概ねサラサラのパウダー状のものだからだ。

しかし、使っている薪が、ほぼ針葉樹であることと、二次燃焼機構を持たない簡易的な薪ストーブなので、どうしても煤の量は多い。

ちなみに、この現場は、以前、シングル煙突で使っていた時は、数週間に一度の煙突掃除を行っていたそうだ。二重断熱煙突に入れ替えてからは1シーズンに一度の煙突掃除になって、劇的に減った。

完全に詰まった状態

鳥避けの網が煤で詰まっている

煙突内部も煤が大量付着

約800グラム回収

だいたい小さなバケツ一杯分という感じだ。

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする