アスペクト5は、全高マイナス84ミリのショートタイプのログストアバージョンも選択可能

入れ替えの新しい薪ストーブを搬入

既存の外気導入の穴を利用して接続

アスペクト5のショートタイプのログストアのUKバージョン

ハンターストーブのASPECT 5 はオプションで通常モデルより低いログストア (UK エディション)も選択可能になった。通常モデルに比べ、ログストア全高が 84㎜低くなり安定感のあるスタイルとなっている。なお、値段の方は通常モデルと変わらない。

梅雨明けした真夏の灼熱状態での入れ替え工事だった。工事の後に「火入れして取り扱い説明しても良いけど、どうしますか?」とお客様に打診した。既にダッチウェストの薪ストーブを長年上手に使っているので、薪の焚き方は慣れているユーザーだったので、火入れまでする必要はないとのことだった。

そこで「ダンパー操作がないこと」「空気調整がレバー一つで操作が簡単になっていること」をを説明して、「天板の温度が250-300℃位の範囲で使うこと」「灰をためすぎて空気流入を防がない程度にする」ことなど、アスペクト5ならではの注意点を説明してきた。多分、シーズンがはじまったら、すぐに使いこなせるだろう。

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする