古い暖炉の煙突は薪ストーブには使えない

既存の暖炉の煙突を使って薪ストーブを取り付けたいという案件があったので、現場を確認しに行った。たまたま小屋裏へ入れる点検口のある家だったので、煙突の状態を確認することができた。

さすがに、この煙突は使えない

先日は金属製の煙突だったけど、今回は石綿系の煙突だった。それが番線で小屋裏に固定してあるだけという凄い施工だ。

「既存の本物の暖炉に薪ストーブの煙突を繋いで燃やしてみたけど、室内側に煙が逆流して使えたものではない」という相談を受けた。 原因は簡単...

いずれにしても、古い暖炉の煙突は、薪ストーブとは適合しない。同じ場所に薪ストーブ設置する場合は完全に撤去して、薪ストーブ用の二重断熱煙突に入れ替えるのが基本だ。撤去処分費用を考えると、別の場所に新設した方が安く上がるケースが多い。

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします
(ランキングに参加しています)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

かわはら薪ストーブは全国

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする