N-VANで薪の配達に行ってきた

薪ストーブのシーズンも終盤戦に入ってきた。桜の便りもちらほら聞こえてくるので、確実に暖かくなってきているけど、まだまだ薪ストーブに火を入れたくなることもある。

今シーズンに薪ストーブを設置工事させてもらったお客様から依頼を受けて、薪の納品に行ってきた。これまでは仕入れた薪や、外注の薪の販売業者に配達してもらってきたけど、品切れになってしまったので、自家用の薪を積んでN-VANで無理なく運べる量を配達してきた。それほど大量に持っていかなくても、後少しの期間楽しめれば、良さそうだという判断だ。

N-VANに1現場分の煙突部材と工具は楽勝で積めた
発売当初に空箱をディーラーに持って行って煙突部材を積めるか確認しようとしたら「傷つくからNG」と言われて試せなかった。理論上、計算上の容積、...

N-VANはトラックと比べると、フォークリフトでメッシュパレットボックスごと一気に積み込めないとか、積載量が少ないなどの点では不自由だけど、それでも乗用車よりは、配達の際の使い勝手が良い。現場や目的によって、薪ストーブ設置工事、薪の配達などで積み込み量が少ない時には、それなりに使える。

3年以上自然乾燥させている極上薪の中から厳選

薪を焚くのが楽しくて、ついつい焚いてしまうということで、これまでの軽トラ2車分(350kg×2)を燃やし尽くしてしまったそうだ。

薪棚に積み込んだ

玄関先に薪棚があるので、雨降りの時も薪を取りに行くのが楽な動線になっている。

採集用コンテナに入れて配達すると積み下ろしがスピーディ

残り少ない薪ストーブシーズンなので、焚ける状況の時は迷わず焚いて、楽しもう。

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする