炉壁のタイルが剥がれるという問題

薪ストーブの炉壁にタイルを使う場合、下地のケイカルにどのように接着するか大切だ。特に指定しないで普通にタイルを貼る場合にはケミカルの接着剤を使うケースが多い。接着剤は熱に弱いので、炉壁のような高い温度の場所だと溶けてきて、やがてタイルが剥がれ落ちてしまう。炉壁のタイルはモルタルで接着が正解だ。

しかしモルタルで接着したからと言って、必ずしも安心というわけでもない。薪ストーブの機種によっては、表面温度が300-400℃程度まで上がる構造のものもある。そうなると今度は、熱による材料の膨張と収縮でひび割れしてしまうこともある。その場合は、タイルをモルタルで接着するのは言うまでもないけど、さらにヒートシールドを追加する対策をしてやった方が良い。

今回の和歌山での煙突掃除は、実は煙突掃除だけでなく、新築時に作成した炉壁の修理のために、薪ストーブを移動するという依頼も受けていた。煙突掃除の終了後に、煙突を取り外して、薪ストーブを邪魔にならない場所へ移動した。1週間後に、再訪問して、左官屋さんによっての炉壁の修理が終わったら、また薪ストーブを元に戻す予定だ。

熱の影響でひび割れした炉壁

炉壁を守るためのヒートシールドを追加

薪ストーブと炉壁の間についたて状の鉄板を立てる再発防止策

炉壁修理のために、一時的に薪ストーブを移動

薪ストーブの撤去から、再設置まで1週間あるので、その間に大阪で煙突工事、薪ストーブ設置工事をこなす段取りを組んでいる。

その間の夜の晩酌に楽しめる地元のクラフトビールのセットをお客様からいただいた。6本が全部個性のある、独特の美味しい味で楽しめた。地元素材にこだわって作られたビールだ。

みかん畑に囲まれた小さな町、ARIDAGAWA。ぼくの住む、WAKAYAMAのたっくさんのきになるものをぼくがビールにしちゃった。そのまま食べてもおいしいフルーツたちをたっぷりつかって、素材の味わいに合わせたスタイルをひとつひとつ選んで本格的なビールに仕上げたよ!

地元のクラフトビールセットをいただいた

宿に帰ってから、楽しませてもらった

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする