かわはら式チムニーの内部を公開

煙突掃除の際に、梯子をかけて屋根の上を登っていくのは、それなりのリスクが伴うし、恐怖感も大きいと思う。

かわはら式チムニーはチムニーの側面に開口部分を設けて、小屋裏からいきなり屋根に出られるというものだ。これならば、梯子をかける必要もないし、転落のリスクも大幅に減らすことができる。

屋根裏から直接外に出らえるチムニー

屋根の上には雪止めを施工して、出た後の滑落リスクも減らしている。

↓ 画像クリック(タップ)で応援お願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

チムニーの内部は煙突だけでなく、人間が通れる空間を確保

チムニー側面の出入口までは常設の梯子で足場を確保している

これならば、ユーザーが自分自身で、無理なく煙突掃除することも可能だ。

二連梯子をかけるのが困難な敷地の状況、二連梯子をかけられる状況でも屋根勾配が急で滑落リスクが高いなどの場合には、このように小屋裏から直接屋根に出られるような、かわはら式チムニーで対応することもある。

↓ 画像クリック(タップ)で応援お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする