ネスターマーティン専用耐震装置の取り付け

今回の横須賀の海の見える家に設置した薪ストーブのネスターマーティンH43には、専用のオプション品の耐震装置を取り付けることができる。これは炉台に埋め込んだアンカーボルトに薪ストーブを直接固定できる優れものだ。

熊本地震の時には縦揺れで薪ストーブが突き上げられて、持ち上がって浮いてしまい、煙突から外れて転倒するような事例も見られた。

このような可能性を減らすために開発された商品で、ネスターマーティンS33, S43, H33, H43の4機種に装着可能だ。費用の方は炉台の状況、施工の仕方よって大きく変わってくるが、装着なしと比べて概ね10万円程度プラスと見ておけば良いだろう。

ネスターマーティン専用耐震装置の取り付け

煙突から下げ降りを垂らして設置位置を割り出してから印部分を凹ませる

ネスターマーティン専用耐震装置の取り付けの際は、薪ストーブの設置前に炉台にアンカーボルトを埋め込む必要がある。アンカーボルトの位置は図面から煙突芯の位置からも割り出せるけど、実際の施工の際は図面の位置通りに厳密に煙突芯が来ないケースの方が多い。チムニーの工作精度も数ミリの誤差はあるのが現実なのだ。

そのため、実際に現場で、薪ストーブを煙突をつないでアンカーボルトの穴の位置に印をつけてから、一度薪ストーブを移動してアンカーボルトの穴を開けて、アンカーボルトを埋め込んでから、再び元の位置に戻すというように手間をかけた方が確実だ。

振動ドリルで穴開け

所定の位置に薪ストーブ本体を戻す

炉台に埋め込んだアンカーボルトに耐震装置を固定

煙突を取り付ける際に、位置を微調整する可能性もあるので、遊びを持たせた状態で仮止め状態にしておく。最終的な位置が確定したら、ワッシャーをかましてから、本締めする予定だ。

後日、煙突を取り付けて正確な位置が出たら、ワッシャーをかまして本締めする

このネスターマーティン専用耐震装置と、かわはら式耐震煙突固定法を組み合わせれば、さらに安心感が増すだろう。この現場も、後日そのようにする予定だ。この日はまだ建物の引き渡し前の段階だけど、お客様の入居後に、完成して火入れの際は、またレポートしよう。

↓ 画像クリック(タップ)で応援をお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています・・・

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク